協会について

会長挨拶

会長挨拶

 元号の変更と同時に当協会のホームページのリニューアルが実行されました。
単なる偶然とは思いますが業界にも良い風が吹いてくれることを期待したいと思います。
 新元号「令和」は外国人に意味を教える時にはBeautiful harmonyと言うそうです。直訳では美しい調和となります。
 国家もそうですが、この業界も調和のとれた良い環境になりますことを願います。
 さて、当協会は平成7年に医療機器販売業の同業組合からなる東北ブロック協議会から 東北医療機器協会に名称変更をして24年目となります。
 初代会長・宮城県の柴田常好氏には、協会の創設に多大なご尽力いただきました。
私で5代目となりますが、まだまだ未成熟な団体でありますので、諸先輩をはじめメーカー様には、これからも多大なご指導、ご支援いただければと存じます。

 当協会は東北6県、会員企業141社で構成されています。
 医療機器、臨床検査機器などの医科向け機器機材を扱う販売事業者が主たる構成員で事業者相互の親睦と医療機器業界全体の発展を目的としております。

 その他の活動として災害時対策も東北6県が協調して行っています。
 具体的には2011年の東北大震災の教訓を踏まえ「災害時における協力体制に関する協定」を2017年5月25日に東北6県間で締結し有事への備えとしました。
 この協定締結が私の会長としての初仕事となりました。この協定により災害時の相互協力が可能になり災害復旧や支援が円滑に遂行できるものと確信しております。

 東北は清らかな自然と、優れた食材があり素晴らしい地だと思っています。
そして何よりも人情味あふれる人柄はどこにも負けません。
 業界は厳しい環境にありますが業界の発展を願い、誇りをもって皆様と共に前に進んで参りたいと思います。

令和元年5月
会長 大場 一彦

協会の概要

東北ブロック6県の各県医療機器販売業協会との連絡、調整、提案、協力を遂行し、運営すること。

協会の事業

本協会は次の事業を行うものとする。

  1. 各県協会と医器販協間での会費等の請求・授受・管理を代行し、効率化を果たす。
  2. 各県協会の協会員全員が参加できる総会を年1回開催し、相互の情報交換および親睦を図る。
  3. 各県協会の代表者(会長および理事等若干名)が医器販協から発信される情報の伝達や医器販協への提言を協議する場として、
    理事会を年2~3回開催し、東北地区への情報の周知ならびに東北地区の意見の集約を行う。
  4. その他本会の目的達成に必要な事項に関すること。

沿革

  • 平成7年4月
    東北6県の医療機器販売業の同業組合からなる東北ブロック協議会より、
    東北医療機器協会と名称を改め、各県同業組合を各県支部として発足
    初代会長 柴田 常好
  • 平成11年7月
    2代会長 餘目 健次
  • 平成20年4月
    各県支部を各県医療機器販売業協会と名称改め
  • 平成23年4月
    3代会長 浅若 博敬
  • 平成25年4月
    4代会長 権瓶 純市
  • 平成29年4月
    5代会長 大場 一彦

事務局

〒981-0967 仙台市青葉区山手町8-10
TEL 022-303-5650
FAX 022-303-5651
E-MAIL info@tohoku-ikihan.com

to top